10:00~18:00
水曜日
2017年11月16日
大家さん応援ブログ

大家さんに寄り添ってくれない賃貸管理会社

親の代からの管理会社との付き合い方に困っている大家さんは多いのではないでしょうか

ある大家さんの悩み

古い管理業者さんだから昔ながらのやり方を取っていて、仕事をお願いしても「見積書」もなく直接作業してから請求してくる。だから、請求価格がいくらになるかが全く読めない。

いい大家さんだからこそ、親の代からの付き合い方は変えられないし、断れない。
これまでも作業を終わったら、その時に支払うのが当たり前になってきていることなので今更変えられない。

また、入居者から管理費を受け取っているのに、問題に対処してくれない。

こんな時はどうすればいいのでしょう。

管理会社の仕事とは

管理会社は、大家さんから所有賃貸物件の管理を委託されて、大家さんに代理して管理業務を行う会社です。管理業務の実務をこなし、賃貸経営そのものを改善するための提案など、経営的視点が期待されます。

現在の賃貸管理の仕事は、委託契約で明確になっているのが通常です。

昔からの口頭でのやり取りでずっとやってきた大家さんと管理会社との付き合い方については、少しづつ不満が出て来ると思われます。しかも、このトラブル時代にマッチしていないのではないでしょうか。

賃貸管理業の仕事の多くが、トラブルをいかに管理し解決するかであることを考えるとき、さまざまなリスクに対しての対応を考えることであるといっても過言ではありません。

管理会社は入居者さんからのトラブル対応の窓口になるわけですが、それを大家さんに投げるという事は管理会社へ委託する意味をなしていません。

賃貸管理業の役割

賃料査定・管理受託営業
管理委託契約
入居者募集(図面・広告作成・募集活動・契約業務)
家賃集金や敷金精算などの出納業務
入居者対応やクレームトラブル対応(クレーム受付・処理・報告書)
物件の保守メンテナンス(物件カルテ・建物メンテナンス実施と予定一覧)
定期巡回・清掃(清掃報告書)
大家さん(オーナー)に対する提案
ざっくりと上記のような内容が管理会社の仕事としてあります。
家賃集金や敷金精算など金銭にかかわる部分をするかしないかで管理委託料が異なってきます。

日常の清掃などについてはどこからどこまで、どのようなやり方をするかということまで、細かに記載した書面にもとづき報告するか掲示します。

 

サブリースとは

すべての大家さん業務を代理で行い、大家さんには手数料や経費を差し引いた残りの賃料を毎月振り込む一括借り上げシステムもあります。大家さんは何もしなくてよいのです。

その分、サブリースは手数料も高いです。
大家さんにとっては空室保証と同じで確実に入金されます。

ただし、設備の維持管理に関しては大家さんの費用からの出費となることと、サブリース賃料はかなり低い設定となります。

このような場合の対策として

古くからの管理業者さんと、なかなか切れない事情はよく分かります。揉めることにならないように幅広く、1部屋ずつでも異なる業者に任せて見て、業者の違いを見てみることも良いのではないでしょうか。

お試し媒介委託をやってみることです。
他業者の対応がどのようなものか見てみることも、時と場合によりあっても良いと思います。
store

会社概要

ハビターレ株式会社
arrow_upward