10:00~18:00
水曜日
2018年12月04日
ブログ

三鷹市 高齢者のインフルエンザ予防接種費用一部負担します

三鷹市では高齢者のインフルエンザ予防接種費用の一部公費負担をしています。流行する前の年内の接種がお勧めです。お近くのかかりつけの医院などで受けられます

三鷹市高齢者インフルエンザ予防接種費用一部負担の概要

●いつまで受けられるの?  平成31年1月31日(木)まで

●受けられる対象の人は?  

・接種当日(1)満65歳以上の市民、(2)60歳以上65歳未満の市民で、心臓、腎臓、呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障がいや、ヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障がいがある方

●どこで受けられるの?   市内協力医療機関(下表)
 ※武蔵野市、調布市、小金井市、杉並区、世田谷区の協力医療機関でも接種できます (杉並区・世田谷区で接種の場合は、総合保健センターで発行する予診票が必要です)

●自己負担はいくら?    自己負担金2,500円
             (助成は期間中1回のみ。医療機関で支払い)

●申し込み方法は?  
事前に医療機関に連絡のうえ、健康保険証など年齢や住所を確認できるものを持参し、所定の予診票を記入のうえ接種(接種前の検温や診察の結果により、接種できない場合があります)
 ※生活保護受給世帯・中国残留邦人等支援給付受給世帯の方は、自己負担金が免除されます。生活福祉課(市役所2階21番窓口)で交付する予診票(免除用)と受給証明書を医療機関へお持ちください。

arrow_upward