10:00~18:00
水曜日
2018年12月14日
ブログ

体調管理にお薦め野菜スープ

お酒を飲むシーズンで食もすすみ、ちょっとおなかが出てきたとか、体重が増えすぎてダイエットを言われるけれど、食べられないのは辛い~というときにお薦めの野菜スープです。このスープはどれだけ食べてもOK!

脂肪燃焼スープ

ずいぶん前にブームになった7日間脂肪燃焼スープダイエットをご存知でしょうか。

脂肪燃焼スープダイエットとは、野菜スープを中心に、7日間あらかじめ決められたメニューを食べる、いわゆるプチ断食系の食事ダイエットの一種です。

「心臓その他の外科手術などの前に、短期間で脂肪を落とす必要がある人のための食事」というふれこみで流行しました。

実際の出所は不明ですが、お腹がすいてもスープならば飲み放題というシンプルなやり方なので、口コミで定期的にブームになるダイエット法の一つです。

我が家でも、ダイエットの必要がある家人のために、たまに作ります。
ついつい食べ過ぎるので、時々リセットが必要ということです。

ただし、このスープばかりだとタンパク質不足になり、リバウンドするのであまり神経質にならない程度でされる方が良いでしょう。

味は自由にアレンジできることもあり、結構おいしいので普段のスープとしても野菜、繊維を補うには適しているといえます。

また、たっぷり作っておけば、1週間くらいは毎日食べられるので作り置きとしてもありがたいメニューです。

材料と作り方

【材料】
キャベツ半分くらい・玉ねぎ2-3個・セロリ1本・ピーマン1-2個・トマト缶1缶・唐辛子1本・ショウガ・ブイヨン1個

【作り方】
全部の野菜を小さく刻んで、ひたひたの水を足し、トマト缶、唐辛子、ショウガ、ブイヨンを入れて煮るだけです。
煮詰まったら味を調整し、香り付けにバジルなども良いでしょう。

そして、細かく砕くためにブレンダーで滑らかにすると完成です。

野菜スープの一品があるだけで食卓が豊かになります。

冬場は特に暖かいものが欲しいので、毎日でも飽きずに食べられます。

ポイントは、唐辛子やショウガでスパイシーにした方が飽きないです。

また、味付けはカレー味、しょうゆ味などお好みで自由にできます。

トマト缶を足して、味をしっかり整えて、パスタスープにもグッド!

7日くらい食べることを考えて、我が家では1-2日はそのままの薄味で、その後調味料を足したりカレー味にしたりで変化をつけます。

また、セロリは香りも良いし、繊維も豊富なので入れると良いのですが、だんだん後になると繊維だけが残ってくるので好き好きです。

この野菜スープをメインに、雑穀やパスタ、キノコを足していき、最後は濃いめになるのでカレーのベースにすると毎日異なる味が楽しめます。

夏場よりも冬の方が美味しく頂け、温まりますので、ダイエット目的でなくても是非お試しください。

arrow_upward