10:00~18:00
水曜日
2018年12月15日
ブログ

2020年4月から武蔵野市立学校の校区が一部変更となります

武蔵野市教育委員会では市立小中学校の児童生徒数が増加傾向にあり、学区見直しの検討を進めてきました。学区編成審議会において保護者や地域関係団体との検討の結果、2020年4月から学区を一部変更となります

武蔵野市学校区一部変更の地域学区はこちら

●一部変更の地域:武蔵野市境2丁目22番 の地域

●開始時期:2020年4月1日以降の新入学者・転入学者から適用

 2019年4月1日時点の「境2丁目22番」の居住者については、桜野小学校・第二中学校に入学できます。


変更前桜野小学校第二中学校
変更後(2020・4・1から適用)第二小学校第六中学校



武蔵野市 学校と地域をつなぐ地域コーディネーター

武蔵野市教育委員会では、学校と地域と連携した教育を推進することを目的に平成28年度から市立小中学校に各1名の地域コーディネーターを配置しています。

学校側からの「いつ、どこで、どんな目的で活動したいのか」といニーズを受け止め、地域のさまざまな知識や技能、経験を持つ方の情報を収集し、学校の教育活動にかかわっていただきやすい場づくりをします。

そして、各企業、地元商店への職場体験や出前授業などの教育活動にかかわっていただけるようコーディネートします。

学校側にとって、地域に関する十分な情報を持たない日の浅い教員と地域との架け橋となって学校支援の輪を広げていき、地域ぐるみで次世代を担う子供たちを育て、質の高い教育を目指したいとのことです。

地域コーディネーターの方は、長年地域にお住いの方が多く、子供たちの見守りという点でも嬉しいことではないでしょうか。

arrow_upward