10:00~18:00
水曜日
2018年12月19日
ブログ

2018年12月22日は冬至(とうじ)です

冬至の行事

二十四節気の一つで、一年で昼が最も短い日『冬至』今年は12月22日(土)。

冬至と言えば「ゆず湯」に入り「かぼちゃ」を食べるといわれます。

それは、ゆず湯は血行が良くなり身体が温まるため、風邪を防ぎ皮膚を強くする効果があり、また、かぼちゃはビタミンEやβカロテンが豊富で肌や粘膜を丈夫にし、感染症などに対する抵抗力をつけることができるといわれます。

美肌効果も高いので是非ご家庭でもやってみましょう。

今年は、ゆずや柿の実なりがよさそうで、お庭に鈴なりの光景を見かけます。

比較的安く手に入りますし、ご近所でゆずの木があるなら分けていただけると嬉しいですね。

この日の日の出予想は、
◆札幌:日の出は7時3分頃、日の入りは16時3分頃で昼間の長さは約9時間です。
◆東京:日の出は6時47分頃、日の入りは16時32分頃で昼間の長さは約9時間45分

北極では一日中太陽が昇らない極夜になるそうです。
一方、南極では一日中太陽が沈まない白夜です。

冬至の約2週間前に大雪(雪が激しく降り始めるころ)があり、冬至の約1ヶ月後に大寒(最も寒さの厳しいころ)があります。

この時期は、暖かいゆず湯に入り、かぼちゃの煮っころがしを食べて、ほっこりしましょう。

ゆず大根

せっかくなので「ゆず大根」を仕込みませんか。
12月に入って農家の大根があまりにもおいしそうで、ゆずとともにつけてみたところ、毎日食卓に上り、箸休めにちょうど良いお漬物として重宝しました。
胃腸にやさしい「ゆず大根」です。

【材料】
大根‥‥3kg(根の部分)
砂糖‥‥500g
酢‥‥1/2カップ(100cc)
塩‥‥1/2カップ弱(90g)
柚子‥‥1個
(材料は大根の量とともに調整してください。3㎏は結構量がありますので冷蔵庫に入る量や家族構成で考えましょう)

【作り方】はこちらから

砂糖が多いように思いますが、水分が出て酢と合わせて解け、全部は大根に浸透しませんし、少し甘い目が美味しくいただけます。

youtubeにもたくさんの作り方がアップされています。少量でも大丈夫ですが、浸かるとさらに美味しさが増すので多めに作り置きしておくのも良いでしょう。

簡単にできますし、お茶請けにも食事にも、お箸が止まらない一品になります。

我が家では大きなジップロックで付けて冷蔵庫へ。毎回食事の時に登場します。

日に日に美味しくなり、食べ過ぎ注意のお正月には重宝しそうです。

ぜひどうぞ!

arrow_upward