10:00~18:00
水曜日
2019年01月09日
ブログ

三鷹市 星と森と絵本の家で「春の七草」をさがそう!14日まで

1月7日は、お正月のごちそうで疲れた胃腸を休める意味もある「七草がゆ」を食べる日でした。皆様はいかがされましたか?さて、七草というと雑草?と思いがちですが、野に自然に生えている草もあるようです。三鷹市「星と森と絵本の家」では「春の七草」を探そうスタンプラリーが14日まで行われています

星と森と絵本の家 春の七草スタンプラリー 14日まで

「春の七草」を全部見つけることができるかな?
カードを完成させたら、七草全部覚えてみよう!

◆日時:2019年1月6日(日)〜2019年1月14日(月・祝)10時~17時まで

◆申込不要:直接会場へ

◆費用無料・一時保育なし・手話通訳などはお問合せ下さい

◆お問合せ:三鷹市星と森と絵本の家(TEL/ 0422-39-3401)

「春の七草」言えますか?

せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ

季節の伝統行事から遠ざかると忘れてしまうことがあります。

今ではスーパーにセットで売られていて簡単に手に入りますが、子供たちに伝えるためにも実際に見つけにいきませんか。

芹(セリ)・・・・・・・・・・・・・・免疫力アップ・ビタミンA・B
薺(ナズナ=ペンペン草)・・・・・・・免疫力アップ・ビタミンA・B
御形(ゴギョウ)・・・・・・・・・・・母子草と呼ばれるキク科・ヨモギが一般的
繁縷(ハコベラ)・・・・・・・・・・・ナデシコ科・野原でよく見かける
仏座(ホトケノザ)・・・・・・・・・・キク科の草
菘(スズナ=蕪)・・・・・・・・・・・消化を助ける・美肌・便秘解消
蘿蔔(スズシロ=大根)・・・・・・・・消化を助ける・美肌・便秘解消(

(2019/01/07 06:16 ウェザーニュースより)


ちなみに、「秋の七草」は観賞用

Wikipediaによれば、もともとの七草とは「秋の七草」をさしたそうです。

秋の七草はそれを摘んだり食べたりするものではなく観賞するためのものであり、ゆえに「秋の七草がゆ」というものも存在しない。

なお、それぞれの草花には以下の薬効成分があるそうです。

ハギ:咳止、去痰、胃痛、下痢など。
ススキ:利尿。
クズ:葛根湯として風邪薬に用いられる外、肩こりや神経痛にも効用がある。
ナデシコ:むくみ・高血圧。
オミナエシ:消炎・排膿。
フジバカマ:糖尿病・体のかゆみ。
キキョウ:咳止め、去痰、のどの痛み。

arrow_upward