10:00~18:00
水曜日
2019年02月20日
大家さん応援ブログ

分譲賃貸の仲介ならお任せください

分譲賃貸の場合、一般の賃貸専門とは少し手続きが異なります。なぜならば、分譲マンションなどの場合は管理組合があり、その管理のもとにオーナー様とおなじ意識でお住まいいただくことになります

分譲住宅の管理組合と規約

分譲住宅(分譲マンション)の場合は、法律で管理組合を結成し、決められた管理規約を守って住まなくてはなりません。

その分譲マンションの持ち主が、ご事情があって賃貸に出す場合に募集でお預かりすることがあります。

一般の賃貸専用のアパートやマンションの場合は、管理会社がいたりいなかったり、また管理体制もさまざまで、特に規約が作られていることは稀です。

たまに、ペット飼育可能の場合に、ペット規約を作っていることもあります。

それ以外は、居住のルールとして決められている場合があります。

ところが、分譲マンションの場合は、賃貸契約の手続き以外に、管理組合への提出書類や引越し当日の報告まで細かな点に注意が必要です。

管理人さんがいらっしゃれば、詳細をお聞きしたり、いなければ管理会社の担当者と打ち合わせが必要な場合もあります。

他のお部屋は個別に持ち主がおられて、賃貸で居住を始める方にも貸主であるオーナー様とおなじルールで住んで頂く必要があります。

重要事項説明では、その点も十分にご説明する必要があります。

また、分譲戸建ての場合は、オーナー様と個別に細かな打ち合わせを行い書面に記載することになります。

管理規約を守って暮らしていただくために

一般の賃貸専門のお部屋と異なり、お渡しする書面も多いことです。

管理組合提出書面には、
・第三者使用届出書
・誓約書
・駐車場・駐輪場申込書
・引越し時の道路やエレベーターの占拠について
・ペット可の場合の届出書
・管理規約の写し

など、通常の賃貸契約に関しての書面以外の書面があります。

管理人さんへの連絡も、可能な限りこまめに行うことで入居をスムーズに進めます。

管理人さんや管理会社の担当者も間違いやトラブルが無いことを最重要視します。

いかにトラブルなく入退去してもらうか、ということが大切な要素なのです。

そのことを理解して、入居者さんとのやり取りを進めることが不動産業者の仕事になります。


その際、やはり大切な要素となるのがお申し込み時点の審査となります。

入居後のトラブルを避けるためにも、他の居住者の迷惑にならないような方にご入居いただくことが大切です。

オーナーさまとも連携をとり入居審査にあたりますが、その点を踏まえた方にご入居していただくよう進めてまいります。

トラブルが起きた場合、オーナー様が全責任を受ける立場となるわけですから、審査に慎重にならざるをえません。

分譲賃貸は、通常の入居して終わりではないことも踏まえて、気を配り、対応することが大切になります。

ハビターレは、分譲賃貸契約が得意です

過去に、分譲ばかりを扱っていたので慣れていることもあります。

細かな点に注意して募集から契約を含め、管理会社とのやり取りも進めさせていただいています。

大切な重要事項説明についても、分譲賃貸であることを踏まえてご説明しています。

これから、賃貸に出そうかとお考えのオーナーさま、また事情がありご自宅をどうするかお悩みの方は、どうぞハビターレにお任せください。


arrow_upward