10:00~18:00
水曜日
2019年03月22日
大家さん応援ブログ

簡単に貼ってはがせて日差しを遮らずに目隠し効果のあるフィルムの活用

賃貸住宅にお住いの方で、窓からの景色がいいと嬉しいですが、いつも開けているわけにもいきません。特にアパートなどの場合は近隣の建物が迫っていることが多く、外からの目線が有り、あまり開けたくないという方が多いですが、簡単にできるDIYがあります

窓ガラスフィルムの活用

カーテンをかけなくても、見える景色は海や山とかいう場所ならうれしいです。

しかし、街の賃貸などでは人の目線が気になりカーテンをいつも閉めているのは、少し息苦しく感じるものです。

そんなときに、外からの目線を感じる部分だけでも、窓ガラスフィルムを使ってみてはいかがでしょう。

今は簡単にガラス面に貼れて、退去時にははがすだけという、無接着材で水だけで、誰でも施工できるものが多く出ています。

Amazonなどで「窓ガラスフィルム」とか「窓ガラスシート」などの名前で販売されています。

模様や無地の物、ブラインドのように見える物など多種にわたってありますので好みの物を選ぶことができて、

サイズも豊富です。

実は、ハビターレの事務所の窓もシートを張っています。

古いビルのサッシで編み入りガラスの網の部分がヒビが入っていたりしているのですが、その下がちょうど看板の裏側が見えてしまうので、フィルムで目隠ししています。

フィルムで隠れている窓の外は看板の裏が見えるのですが閉めているとそんな状況は見えません。

窓フィルムのメリット

  • 目隠し効果がある
  • ガラス飛散防止効果
  • カーテンのような圧迫感がない
  • 日差しが適度に入る
  • 紫外線防止効果のあるものもある
  • 結露防止効果のあるものもある
  • 見た目おしゃれな演出ができる
  • 貼る、剥がすも簡単でガラスにも傷つけない

など、選択肢が多く有リ、目的に応じて使用できます。

貼り方や柄を工夫することで、自分なりの景色を楽しめるのではないでしょうか。

また、カーテンの良いところは、空気層を作るので断熱効果があるところです。

窓フィルムで水だけで貼ることができる無接着シートであれば、退去時の原状回復もフィルムをはがすだけで完了です。

これから新居にお引越しの方や賃貸でお住まいになる方は参考になさってみてください。

arrow_upward