10:00~18:00
水曜日
2019年04月03日
ブログ

浴室暖房換気乾燥機をもっと活用しよう

最近のアパートやマンションで「浴室暖房換気乾燥機」が付いているケースが多くなってきました。これはオーナー様にとっても、入居者にとっても便利で機能的で嬉しく、導入することで喜ばれることでしょう

入居者にとっては雨の日の洗濯物干しは浴室で一石二鳥

雨の日の洗濯物干しは、仕事を持つ方にとっては悩ましく、室内物干しがついていればそれに干して出かけられることでしょう。

しかし、もし浴室暖房換気乾燥機や浴室換気乾燥機が付いているならば、是非浴室に干すことをお薦めします。

なぜならば、浴室の乾燥も兼ねて洗濯物干しもできて、帰宅するころには乾燥しているだろうと思えるからです。

浴室を使用した後、十分乾燥することでカビの発生が抑えられます。

浴室の掃除で面倒なのはカビの発生しやすいことにあります。

入浴中に洗濯機をまわしておき、入浴後に浴室のバーに洗濯物を干し、換気乾燥機を朝まで、もしくは、帰宅するまでかけておくことで浴室も十分乾き、洗濯物も乾いていることでしょう。

そうすれば、カビも胞子を発生させることができません。

今の時期なら、花粉症の方は外に干したくないので、室内に干して出かけられるケースが多いかもしれませんが、室内が湿ったり、匂ってくることもあります。

浴室は、乾燥させることでカビにくくなり洗濯物も乾くことが一石二鳥と言えます。

ランニングコストとしては、電気の乾燥機よりガスによる乾燥機の方が早く乾き、コストも電気の約半分くらいになるそうです。

電気代が高くつくからと、せっかく浴室暖房換気乾燥機がついているのに使わないよりは、お風呂掃除のしやすさや室内干しで部屋が湿ったようになるよりも、費用対効果で考ええると、むしろ快適に暮らすことの方が利があると思えます。

最近は、身の回りの気に入ったものを、多くは持たず、こまめに洗濯して使いこなすというような、ものを持たないライフスタイルの若者も増えてきています。

そのような方はまめに洗濯をされているようです。

匂いに敏感な方も多く、室内干しの匂いが苦手な方も、積極的に浴室暖房換気乾燥機を使っていただき、快適な毎日を手に入れていただきたいです。

一人住まいで洗濯は週に2-3回程度というなら、効率と手間と考えると多少の光熱費を考慮しても、快適ではないでしょうか。

オーナーにとっても設備を劣化させにくい浴室暖房換気乾燥機

入居者に説明して積極的に使っていただくことで、浴室にカビを発生しにくくさせて、良い状態を保てる浴室暖房換気乾燥機です。

冬場の入浴の際には、ヒートショックを考えて、10分ほど前に浴室を温めて入っていただくことで事故も防げます。

設備の導入時に少し高くつくかもしれませんが、入居者様には喜んでいただけるし、お部屋のグレードが上がり、それが賃料にも影響する事でしょう。

良いと思われる設備の導入は積極的に行うことが攻めの賃貸経営に繋がります。

そして、入居者様には積極的に使っていただきましょう。


arrow_upward