10:00~18:00
水曜日
2019年04月10日
ブログ

三鷹市「新生児聴覚検査費用の一部助成」を開始します

生まれつき耳の聞こえにくさのある赤ちゃんは千人に1-2人ということです。赤ちゃんの健やかな発達を願い検査を受けられます。4月1日から三鷹市では、検査費用の一部助成を始めています

新生児聴覚検査費用助成の概要

◆新生児聴覚検査費用の助成対象:平成31(2019)年4月1日以降に生まれた赤ちゃんで、生後50日以内に受けた1回目の検査に限ります

◆いつから?:平成31(2019)年4月1日より

◆新生児聴覚検査受診票の配付:受診票は母子健康手帳発行時に配付する「母と子の保健バック」の中に同封します

◆助成内容:新生児聴覚検査の費用助成は、生後50日以内に受けた1回目の検査に限ります。3,000円を上限とし、上限を超えた分の費用は自己負担になります

◆注意事項
平成31年3月31日までに母子健康手帳の発行を受けたかたで、平成31(2019)年4月1日以降に出産予定または出産されたかたは、三鷹市総合保健センター窓口にて交付いたします


わが子の耳が聞こえにくいかどうか、などということは親でもなかなか気づきにくいものです。

早めに受診しておきましょう。

arrow_upward