10:00~18:00
水曜日
2019年05月13日
ブログ

ガイドと歩くまち歩き、江戸期の情景

吉祥寺は江戸時代に『吉祥寺村』として開村されました。約420年前、徳川家康が井の頭に立ち寄った際に「関東随一の名水」と絶賛したというお茶の水、江戸市街に生活用水を配水するために造られた神田上水などをめぐり、むかしの武蔵野を知るコースをガイドと一緒に巡ってみませんか

「むかし武蔵野歴史散策コース」概要

ガイドと歩くまち歩き 江戸期の情景が浮かぶ『むかし武蔵野歴史散策コース』

◆開催日:2019年6月9日(日) 

◆募集定員:30名(先着順)

◆参加費:500円 ※大人・小人とも(保険料・税込)

集合場所・時間:JR吉祥寺駅2階 中央改札前  / 9時50分集合(解散予定12時)

◆募集期間:2019年5月1日(水)~6月8日(土)
※開催当日のお申込受付はございません。

◆ガイドコース :全行程 約4キロ、2時間
JR吉祥寺駅北口~サンロード~月窓寺~安養寺~武蔵野八幡宮~光専寺~蓮乗寺~井の頭恩賜公園~JR吉祥寺駅南口(12時頃)

※次回のまち歩きは7月7日(日)『吉祥寺今昔コース』です。
 6月1日(土)募集開始!

◆受付:Email : kanko‗office@musashino-kanko.com (kankoの後アンダーバーあり)
    電話 :武蔵野市観光機構(TEL 0422-23-5900)
    FAX : FAX 0422-23-5901 

arrow_upward