10:00~18:00
水曜日
2019年05月18日
ブログ

前代未聞!ラグビー、ラグビーin吉祥寺!

今年、調布市の東京スタジアムで開幕するラグビーワールドカップ2019(TM)に向け、ぜひラグビーの楽しさを体感していただきたいということで、吉祥寺にラグビーコートが出現してイベントが行われます。武蔵野市主催の「Spoets for All 吉祥寺×ラグビー」の開催です

Sports for All吉祥寺×ラグビー 概要

「吉祥寺にラグビーコートの異空間が出現します!」

◆日時:令和1年6月2日(日) 12:00~17:00

◆会場:
・メイン会場・吉祥寺平和通り(14:15~16:15)
・グッズ交換所・吉祥寺駅ロータリー(12:00~17:00)
・パネル設置場所・東急吉祥寺店、コピス吉祥寺、丸井吉祥寺、キラリナ京王吉祥寺、カフェゼノン、ロータリー 

◆こんなことやってます
・ストリートラグビー体験
・ラグビー体験
・ゲストトーク
・武蔵野市ゆかりのパフォーマンス
・北斗の拳オリジナルTsyatu デザイン、パネル展示
・協力店舗によるサービス

◆申込不要
・ストリートラグビー体験は当日整理券を配布します


ラグビー好きにはカンタベリーショップも吉祥寺にはあります。
Twitter ハッシュタグをつけて応援しよう!#吉祥寺でラグビー

みんなで楽しもうストリートラグビー体験

サッカーはメジャーですが、ラグビーはオリンピック種目になってようやく陽の目を浴びてきました。
今年、調布で開催されるラグビーワールドカップもあり、盛り上がりを見せています。

じつは、サッカーの原型がラグビーなのです。
そして、紳士のスポーツとしても歴史があり、「One  for  all, all for one 」の精神を重んじるスポーツです。

歩けるようになった子供から年配まで、だれもが楽しめるシンプルなラグビーを身近に感じることができれば嬉しいです。

一つのボールを身体を張って皆で守ってゴールまで繋いでいく、気持ちがつながりそれぞれが役割を担わなければ叶わないスポーツです。
見るだけも楽しいけれど、参加するともっと楽しいスポーツといえるのではないでしょうか。

我が家の二人の息子たちも小学校から大阪の地域のラグビースクールにお世話になっていた昔を思い出します。
毎週、芝生の上で汗まみれ泥まみれになってお父さんコーチからマナーを教えてもらいました。

試合が終われば「ノーサイド」と言って、敵側も味方側もなく試合後はお互いをたたえ合う飲食までをゲームとするまさに紳士のスポーツです。
親は後の会食が楽しみだったりします。

この「ノーサイド」という言葉は今では日本くらいしか使っていないようで、世界的には「FULL TIME(フルタイム)」が一般的だそうです。

小さい時だからこそラグビースポーツの面白さは、理屈ではなく身体で覚えることの重要さにあります。
皆で協力しなければ一つのボールを守れない、頭も身体も使うスポーツです。

今回のように吉祥寺でラグビー体験ができることなどめったにないことです。
この機会にお子様と一緒に体験してみませんか。

ゲストトークをおこなう元ラグビー日本代表キャプテンの廣瀬俊朗氏は、長男とおなじ中学校でラグビーをしていた同級生。

うちの長男はどちらかというとスポーツセンスは今一つでしたが、彼は小学校時代からキラリと光るスポーツの才能があふれる少年で、文武両道の大阪でもトップ校から慶応、東芝とラグビーを続け日本代表にも選ばれました。

久々に見る画像からは「おっちゃんになったねぇ」というのが私の素直な感想です。
陰ながら応援しています。
ラグビー普及に頑張っていますので、是非応援よろしくお願いします。

arrow_upward