10:00~18:00
水曜日
2019年05月25日
ブログ

紙芝居一座がやってくるよ~

武蔵野ふるさと歴史館では、定期的に紙芝居を行っています。今年の第1回めは、5月26日(日)開催です。今年はスタンプカードにスタンプを集めると、歴史館グッズ(現在企画中)がもらえます。リピーターになってプレゼントをもらってください

令和1年、第1回「紙芝居一座がやってくる」

昔なつかしい紙芝居で、武蔵野の歴史や昔話を、お子様からお年寄りの方まで幅広い世代にお楽しみいただけます。

毎回午後1時30分から、計6話を口演予定。入場無料、事前のお申込も必要ありません。

今回は、企画展「人と動物の物語」関連での口演演目です。

ご来場のお子様には、駄菓子のプレゼントもありますよ。

◆演目(予定)
「むさしののお鷹場」
「そばもちとねずみ」
「ごんべえだぬき」
「井の頭伝説」
「ぞうのはな子」
「おおかみのしっぱい」

◆口演時間:午後1時30分から約1時間

◆対象:未就学児、小学生、大人、親子、高齢者

◆申込・費用:申込不要・費用無料です

◆場所:武蔵境駅より徒歩12分
    ムーバス境西循環「武蔵野ふるさと歴史館」バス停下車すぐ

◆出演:武蔵野昔話紙芝居一座“むさしの”

企画展「ヒトと動物の物語」

今日、私たちの心を癒すペットとして犬や猫などの小動物を飼う人が増えています。また、盲導犬として人のパートナーとなったり、雑草駆除の山羊のように人のために働く動物の姿を見ることもあります。

武蔵野の人の暮らしに動物や生き物はどのように関わったのでしょうか。武蔵野の歴史や文化について理解を深めるために、動物という切り口からアプローチします。

◆休館日:金曜日、祝日、特別休館日

arrow_upward