10:00~18:00
水曜日
2019年05月27日
ブログ

地震で止まったガスメーターの復帰はこのように

一昨日の午後、千葉県南部で震度5弱の地震がありました。武蔵野三鷹の当事務所でもコンクリートですがかなり揺れ、ひさびさの体感地震でした。この地震ではガスは止まることはありませんでしたが、もしも、大きな地震でガスメーターが止まってしまった場合の復帰の仕方について、東京ガスのお知らせがあります

地震の後などに「あれっ?ガスが付かない」というとき、自分でガスメーターを正しく復帰させるには

各家庭に設置されているガスメーターは、震度5程度以上の地震やガスの異常流出を感知すると、ガス供給を自動的に遮断するようになっています。

その際の復帰の仕方について確認しておきましょう。

ガスメーターの位置を確認しておきましょう。
賃貸などのマンション・アパートなどはパイプスペースに入っている場合や、共用廊下の壁に設置されている場合があります。
自分のお部屋のガスメーターはどれなのかを確認しておきましょう。

すべてのガス機器のスイッチを止める
給湯器・コンロなどスイッチを止める位置になっているかを確認

ガスメーターのところへ行き、外から来ているガス栓は開けたまま、「復帰ボタン」のキャップを外す

ガスメーターの赤いランプが点灯している状態で、復帰ボタンを奥まで押し込み2秒待って静かに離す。

3分待ってランプが消えていればガスが使用できます。
この手順で行っても消えていなければ、もう一度①からやり直す。

使用できる状態になればキャップをもとに戻す

手順のサイトはこちらですが、

東京ガスでは、ネットに繋がらなくてもわかるようにガスメーター復帰アプリもありますので、スマホに入れておくといざというときに慌てなくてすみそうです。

◆ガスメーター復帰アプリ(IOS)
【東京ガス】ガスメーター復帰 から取り込めます

賃貸にお住いでわからないときなど、まずは管理会社かオーナーに聞いてみましょう。

arrow_upward