10:00~18:00
水曜日
2019年06月16日
大家さん応援ブログ

梅雨だからこそできる建物管理をガンバル

自主管理されているオーナーや大家さんに、アパートなどの管理の仕事で雨が降ったときにできる事や、ついでにやってしまうと良いことがあります

共用部の水を使う掃除

共用部分の床の掃除などは、あらかじめ外からの雨で濡れたついでに、さらに水と少量の洗剤で流して綺麗にしてしまいましょう。

シミ付いた汚れは少し濡れてふやけた頃がちょうどいい!

乾いてしまって取れないシミ汚れなどがほんの少しの努力できれいになります。

あまり泡の立つ洗剤を使用しないで、オキシクリーンなどの酸素系漂白剤だと害を及ぼすことなくきれいになります。

ぜひ頑張ってやってみてください。

手すりや桟などもどうせ濡れているのでごしごしこすってほこりをとっておけば、雨が上がったらきれいになっています。

管理を依頼していれば、決まった曜日の決まった時間にしかやってもらえませんが、自主管理の大家さんは自由が利きますので、要領よくお天気を見ながらすると手間が省けます。

もう一点、雨がジャンジャン降っている最中にできる事があります。

排水ドレーンの見回りと点検です。

ドレーンが枯れ葉などで詰まっていませんか?

排水口が何もふさぐものがないのにあふれていたり流れが悪いようなら、中に何か詰まっているかもしれません。

点検して、きちんと排水できるようにしておきましょう。

雨の多い時期だからこそ見おとしがなく点検できます。

雨上がりの後、土が乾かないうちにせっせと草引きをしましょう

雨が上がったら、やれやれと考えないで、水で流した後に水たまりが無いかどうかの確認をします。

もし水たまりがあれば、また乾くとシミになりますのでデッキブラシで余分な水分を取り除いておきましょう。

そして、もう一手間頑張って、ついでに共用部や敷地内の雑草引きも行いましょう。

地面が湿っていると雑草も抜きやすいです。

強い薬剤を使用して雑草を枯らすことは、薬剤の人への影響を考えるとあまりやりたくないものです。

もし、敷地内に少し土の部分があるならば、季節の花の種を撒いておくと入居者さんにも嬉しいのではないでしょうか。

入居者サービス(テナントリテンション)の一環にフレッシュハーブを植えませんか

鉢物やお花は手入れも必要ですが、宿根草や彩りの良いハーブなどを撒いておくのはいかがでしょう。

出入の時によい香りがするとともに、入居者さんにちぎって料理に使ってもらうこともできます。

メモやメッセージボードでアナウンスしておけばよいでしょう。

料理に使えるハーブなどで比較的簡単に植え付けられるものとして、バジル、ローズマリー、チャイブ、タイム、紫蘇、パセリなどがあります。

敷地の一角に植え付けておいて、入居者サービスにレシピと共にフレッシュハーブを使っていただきましょう。

メッセージボード一つで、大家さんの心が伝わるのではないでしょうか。

ただし、ご注意として1点、ミントはとても繁殖力が強く、他の植物を駆逐するほど成長しますので、植え付けに注意が必要です。

ミントさんだけちょっと別鉢で隔離した方が良いかもしれません。

ご注意、ご注意。

arrow_upward