10:00~18:00
水曜日
2019年06月17日
ブログ

じつは大切!不動産業者選び

世界レベルから見ての日本の業者の信頼度は中の下ということです。「ちょっと怪しい」や「うさん臭い」とかいう雰囲気のところが多いと見られています。そんな業者ばかりではないと言いたい普通の業者にすれば迷惑な話です。では、お部屋を探す人はどのように業者を選べばいいのでしょう

「物件数●●●件、地域では一番!」という業者はスゴイの?

不動産業者は競うように物件数をたくさん掲載して営業している会社が多いです。

とくに、古くからやっている業者さんは当然に多くの物件を持っていると考えます。

ところが、不動産業界では不動産業者だけがアクセスできる業者間のサイトがあり、そのサイトに登録してお互いに共有してオーナー様のためにいち早く入居者さんを決めてあげるのが取り決めとなっています。

そのネット上には、毎日のように新しいお部屋が掲載されたり決まったりして、小さな範囲で探しても数百件はすぐ出てきます。

このサイトのお部屋はどこの業者でも見ることができて、仲介してお客様にご紹介できるのです。

だから、物件数を多く掲載していても、掲載していなくてもあまり関係ないのです。

掲載の部屋数の多さが、決してその業者の価値を示しているわけではありません。

駅前の一等地にある不動産業者はどうでしょう

駅前の一等地は、当然のようにお店を借りている賃料も高いはずです。

ということは、業績をコンスタントに上げなければならないために、多少の強引な営業をすることがあるかも知れません。

超大手で資金が滑沢にある会社などは、全体の収益で考えるのでそのようなことはないと思われますが、中には強気だったり、お客様にとってではなく、業者にとって有利な条件のお部屋を紹介されることがないとも言えません。

ギラギラした広告や路上看板が違法なのは分かっているはずなのに

広告やキャッチコピーがキラキラ派手だったり、店頭広告が違法(店頭の看板などは敷地内に納めなければならない)などの業者は今でも相変わらずいることは事実です。

これは法令順守の問題であり、法の下に仕事をする不動産業者のリテラシーの低さを表していると考えてもよいでしょう。

「安い!!」「ゼロゼロ!」「仲介手数料なし!」と飛びついてほしいキャッチ広告は、理由が明らかでない場合は要注意と考えましょう。

「仲介手数料なし」ということは、どこで利益を出すのかといえば、広告料なのです。

広告料があるお部屋しか紹介しないということは、それだけお客様にとって選択肢が狭くなります。

自分がほんとに住みたいと考えるお部屋からは、何かしら妥協するかあきらめるかということになりかねません。

それでも、どうしても費用の安いお部屋に決めたい人にとってはお得かもしれません。

まずは、希望条件をネットで検索して、どのあたりに住めそうかを検討しましょう

自分が、どの地域に、どのような広さで、いくらくらいの賃料で住みたいのか、またその相場はどれくらいなのかをまず下調べしましょう。

ある程度のところまで絞ったら次は、実際のお部屋がまだあるのかどうか、聞いてみましょう。

ここで一つ問題点は、ネットに出ているお部屋が必ずしもあるとは限りません。

それは、まだまだポータルサイトでは「おとり広告」を出している業者があることも残念ながら事実だからです。

既に決まってしまったお部屋を、客寄せのためにポータルサイトに載せ続けていて、問い合わせをしたら「今申し込みが入ったので、他のお部屋のご紹介が可能です」といって、来店してもらうための口実にしているのです。

じつは、この「おとり広告」は業界では違法です。
業者によっては繰り返し行なって罰則を受けているところもあります。

店頭は業者の土俵ですから、素人のお客様にとってはある意味不利で、人の眼があり専門用語も出るとどうしても業者ペースとなります。

業者間でのやり取りや内見の手配、案内、契約の細かな予定など詳細に対応してくれて、お客様が平常心でお部屋探しの依頼ができることが大切です。

人それぞれに住みたいところや条件は異なりますが、その希望条件にできるだけ近いお部屋の相談にのってくれる業者がよいでしょう。

地道な業者は見た目も地味ですがいます

地元の情報に詳しい業者は、小さなエリア内で、大家さんからの依頼のお部屋とか、特にお勧めしたい近くのお部屋とか、厳選しているお部屋などを掲載しています。

ですから、自社サイトの物件数はそんなに多くはありません。

法令順守はもちろんのこと、お客様が希望するお部屋をできるだけ丁寧に業者間サイトを通じて探してくれます。

希望するお部屋が無いときは、急がない限り無理に押し付けることはありません。

日々、新しいお部屋が出てきては、申込みが入って決まっていきますので、お部屋は常に流通しています。

お部屋探しはタイミングとご縁の賜物と言われるのは、自分が探しているときにどのようなお部屋と出会うかということなのです。

余裕を持って、お引越し予定まで引き続き探すことをします。

そんな、コツコツまじめな不動産業者にあたり、丁寧にお部屋のことも説明してもらって引き渡してもらえることを願っています。

業者を選ぶのはお客様です。

プロとしてのご説明、契約、鍵のお引渡しまでを行って、費用はどこの業者も手数料は同じだけです。

最近、ブログを発信している業者が多くなりました。

ブログといってもさまざまですが、お客様のためになる内容、地元のことや不動産の事、また毎年改正される法改正についてなどです。

内容を読んで事業に前向きに取り組んでいるかなどをブログから判断されるのも良いでしょう。

けっして、ハビターレはほかの業者さんに喧嘩を売ってるわけではありません。

お部屋を探す人にとっては、毎日の暮らし、将来にわたる生活設計がかかったお部屋探しですから、真摯にそのことを考えて対応しているだけです。

是非、良い業者さんを選ぶ目を持って、お部屋探しをなさってください。

ハビターレは、ご希望に沿って丁寧に対応し、必要なら他府県でもお探しします。

じっくりとお話をお聞きしてご相談頂くためにも、ご予約いただいてお時間を確保させていただきます。

また、メールでのやり取りでご契約まで内見の1回だけという方もいらっしゃいます。

画像で詳細をお送りして1度だけ内見し、最終的に契約はIT重要事項説明で行い、遠方より来社いただかなくても可能です。

ホームページよりご連絡いただき、またご意見がありましたら率直にお聞かせいただければ嬉しいです。

arrow_upward