10:00~18:00
水曜日
2019年06月19日
ブログ

中町の手作りパン屋さん「ここね」さん

吉祥寺はパン屋さんのメッカと言えるほど、それぞれに特徴がある多くのパン屋さんがひしめいています。その中で、武蔵野市中町の住宅地にひっそりとある「ここね」さんをご紹介します。私が気に入っているのは、材料にこだわりを持っていて、北海道小麦と天然酵母種を使っているところです。ふわふわでくちどけの良い優しいパンばかりです

こだわり材料のパン屋さん「ここね」

一般的なパン屋さんの粉はほとんどが輸入の小麦を使っていると思われます。

吉祥寺のパン屋さんの中には、素材にこだわりを持つパン屋さんが多くありますが、「ここね」さんも国産、北海道産小麦と天然酵母種にこだわり、一つ一つ丁寧に作られています。

ちいさなお店で、住宅地の中にひっそりとあるお店は、とても可愛いパンの看板ですぐわかりました。

日替わりで焼いている種類が異なり、量もたくさんは焼いていないようです。

普段はご飯派の私ですが、パンを購入するときはやはり安心できる国産小麦を選んでしまいます。

今日買ったのは、グラハム食パン・玄麦のまるパン・マフィンのプレーン・あおむしパンの種類です。

あおむしパンは子供が喜びそうな可愛いパンでした。

立て看板も、屋根の上のパンの看板も可愛くて店主のパンに対する思いがあふれています。

FACEBOOKはこちら
日替わりで焼いているカレンダーが掲載されています。

arrow_upward