10:00~18:00
水曜日
2019年07月01日
大家さん応援ブログ

梅雨のこの時期にこそ雨漏りの点検をしましょう

お天気の時は気づかなくても、今の時期の大雨が降ったときには雨漏りが分かることがあります。賃貸においては入居者さんにもひと声かけて、壁にしみができていないか、水が入ってはいないかとお聞きしても良いかもしれません。雨漏りの原因は多種にわたり、その原因を突き止めなければ補修のしかたも検討出来ません。そのタイミングは今この時期ではないでしょうか。

雨漏りの原因追及が先決です

大きな原因として経年劣化によるもの・台風、強風などが原因によるもの・工事の始末不良などあり、まずは調査しなければわかりません。

①調査
 ➥②原因追及・確認 
  ➥③施工方法の説明 
   ➥④見積もり
    ➥⑤施工日の設定
     ➥⑥施工

大まかに考えられる原因としては下記にありますが、個別に現地調査してみなければわかりません。

▶屋根の経年劣化による屋根材のズレ・割れ・浮きが原因
▶雨樋のつまりが原因
▶外壁のひび割れ、サッシ回りのコーキングの劣化
▶台風・強風による屋根材の割れ、ソーラー発電機取り付け時の穴やアンテナの設置が原因
▶施工不良による、コーキングのはがれや外壁の割れ、屋根塗装時の縁切り不良など

・ズレ:屋根材が通常の位置より移動してしまいズレていること
・割れ:屋根材がヒビが入ったり割れてしまっていること
・浮き:強風などでめくれ上がってしまっていること


原因によって施工方法の提案があります。

また、内容によっては建物の保険が適用される場合もあります。

まずは、専門家に見てもらうことが一番早道です。

調査の方法もさまざまあり、たいていの場合、無料の目視調査でお願いしてみます。

それでもわからない場合には散水調査や赤外線サーモグラフィー調査など費用は掛かりますが行ってもらう方法があります。

優良業者にお願いすることをお薦めします。

優良業者とは、
・地元業者である
・屋根に上ってくれる
・屋根の状態の画像などで具体的に示してくれる
・保険適用などの場合の詳細を説明をしてくれる
などが考えられます。

最近は、写真だけでなく屋根に上がって動画で撮ってきてくれるところもあります。

「○○から来ました□□業者です」というように厚かましく来る業者には要注意です。

良い仕事をしてもらえる地元業者にお願いしましょう。

ハビターレでも信頼できる業者さんをご紹介できますので、お尋ねください。

雨漏りは早い発見によって軽微にすむケースがありますので、梅雨の時期が良い機会と言えます。

arrow_upward