10:00~18:00
水曜日
2019年07月12日
大家さん応援ブログ

長期入居していただくための傾向と対策

地域によっても異なりますが、空室が目立ってきているアパートなどはありませんか。人口構成とアパートなどの戸数のバランスから考えると、今後さらに空室が増えることは予想されます。空室対策として取り組むオーナー様としては対策をさまざまお考えかと思いますが、究極はご入居いただいたらできるだけ長期に住んで頂くことではないでしょうか

入居の傾向と対策を業者と一緒に考えましょう

長く住み続けてもらうには、入居者好みの場所・環境でありお部屋の条件が大切です。

そのために、最低限の基準となる設備や間取りなどが入居者希望で満たされていることでしょう。

必要がまず満たされているかどうかということが無ければ、そもそもお部屋を借りていただいても長期に住んで頂くには満ち足りないかもしれません。

つまり、入居者がどこかで希望と異なる妥協して決めたお部屋は、結果として長く住むことに至らないということです。

価値観は人それぞれですが、その方の希望条件に沿わないお部屋をご紹介したのでは長続きしないことがあります。

これは、私達業者が心得ておくべきことで、お部屋探しの時の十分なヒヤリング、情報収集が大切です。

譲れない条件がある人もいます

明るいお部屋でなくては駄目な人、開口部の前に他人の家が見えることは我慢できない、キッチンは綺麗でないとダメ、お風呂とトイレは絶対別であること、いや別にこだわりはない、などなど人により感性は異なります。

それが自分の居心地の絶対条件であれば、はずれたお部屋をご案内しても難しいです。

絶対畳はイヤだとか、反面、むしろ畳のお部屋が好きな方もいらっしゃいます。

近隣環境重視でお部屋の条件にそれほどこだわらない方もいます

お部屋はそこそこ人並みの状態で良いが、近隣環境に緑や公園が絶対必要。

隣の家や部屋と窓を開ければこんにちは、っていうのはあり得ないのでほどほどの距離が必要。

駅、コンビニ、スーパーが徒歩圏内が必須。

図書館が近くにあってほしい。

などなど、環境についてもこだわりは異なります。

住んでいる人たちの暖かい人間関係に関心を持つ人もいます

同じ建物に住んでいる人同士の関係が嫌ではない。

出会ったときに気軽に挨拶をするとか、ゴミ出しルールが守られているとか、たまに廊下共用部の掃除も進んでやっているとか、ポストが綺麗だとか、ごく普通のご近所付き合いができる関係が築かれていることも大切です。

そのようなことに一役担うのが、大家さんであったり管理会社です。

大家さん主催で地域の祭りに引っ掛けてバーベキューをしますとか、野菜などを大家さんからのおすそ分けとして、ご自由にお使いくださいと共用部においてあったり、大家主導によるコミュニケーションの場作りやテナントリテンションはあっても良いでしょう。

コミュニケーションボードを利用して大家さんと入居者さんの連絡やお知らせに使っている大家さんもいます。

適度なコミュニケーション作りのおせっかいが嬉しい時もある

地方から出てきた方の場合、静かなところに住みたい反面、人とのコミュニケーションがない環境はホームシックになってしまったり、寂しい思いをするかもしれません。

キーワードは「人」の場合。

地域のお祭りやイベント、地域情報を教えてもらったり気軽に参加できる。

ペット可であれば、散歩に行く事や気軽に挨拶をかわせる間柄になれる。

大家さんは、入居者さんと顔を合わせるチャンスが有ったら「何か困っていることはない?」と気軽に声をかけてみましょう。

一定のプライバシーを守り、ご近所付き合い程度のコミュニケーションを作るきっかけは大家さんが積極的に作っていきましょう。

知らない人が出す音は煩わしく感じても、顔見知りになり近しい人が出す音なら許容できることはあります。

これは大切なことで、そのためにもコミュニケーションはさらに大切です。

事前申請 条件付きDIY賃貸もあっても良いかもしれません

自分でDIYをする人にとっては、許可を得てお部屋を工夫しても良いことにしてあげると好きな方は飛びつくかもしれません。

愛着が湧くお部屋づくりを、大家さんが許可してあげることで自分好みの部屋作りが可能になります。

事前申請を条件に、原状回復のルールを決めたうえで、一つの壁はDIYしても良いとか、入居者さんの好みに変更しても良い許可をしてあげることで、退去時にもめないで入居者さんが手を加えることが可能になります。

安い費用で可能で、退去時にそのままで良いという場合は、材料費を提供して上げることも一つのアイデアです。

よく聞いて、入居者さんと直接話しあってみましょう。

大家さんはテナントリテンションを意識しましょう

大家さんはサービス業です。

テナントリテンションとは大家さんが入居者さんに対して行うサービスです。

気に入って住んでもらえるように、コミュニケーションの橋渡しをしたりSNSの情報の発信地となる事もできます。

転居してきた入居者に対して「地域情報誌」や「ご近所情報」などを作成して配るとか、地域のお店と手を結んで「●●入居者割引サービス券」などを企画しても良いでしょう。

更新時のサービスとして考えても良いのではないでしょうか。

またリサーチの上、観葉植物やインテリア小物を入居時にプレゼントすることも方法です。

わずかな負担で入居者さんに気に入ってもらえたり、ご近所のお店に足を運んでもらったりすることで、地域につなげることで、自然と地域にも馴染んで愛着を持ってもらえるのではないでしょうか。
大家さんや管理会社は、入居者の皆さんが心地よく地域に根差して生活を営んで頂きたいと願っています。

その努力を惜しまず、オープンにお付き合いできることで顔見知りとなり、さまざまな方向から愛着を感じてもらい、ひいては長期に住んでいただけるのではないかと考えます。

また、地域の安全を考える視点でも、顔見知りとなり長く根差して住んで頂くことは重要な要素です。


ハビターレ とご一緒に考えていきましょう。
arrow_upward