10:00~18:00
水曜日
2019年10月05日
大家さん応援ブログ

地味ですが、賃貸物件は管理と清掃がカギ!

供給過剰になりつつあるな賃貸物件によって、大家さん・オーナーさんにとっては、今後の問題として、いかに空室を減らし他物件と差別化を図っていくかという事が大切になってきます。

そしてオーナーさんの期待にどのように応えていくかという点が、多くの物件を預かる管理会社にとっての課題となっていく事でしょう。

管理業者の仕事として、管理委託契約のとき、清掃など内容の細かなことまで取り決めて日々行っていることでしょう。

賃貸物件の今後の維持の鍵となるのが、まず管理と清掃です。

管理会社との関係構築が大切、結局は人と人

管理を委託している場合、契約の範囲内にとどまり、それ以上のことはしないとか、余計なことはしないという場合があります。

それは多分、思いを巡らしてみると、契約にないことをして何か事が起こることを恐れるあまりに余計なことをしないのかもしれません。

しかし、実際に清掃など行うのは人であり、仕事中に気が付くことは結構あるのではないでしょうか。

たとえば、清掃時に見つけた雑草の生え方とか、風で倒れかけた草花とか、剥がれかけた掲示物や共有部分の荷物など、ちょっとしたことですが、建物全体を考えたときにその場で対処して少し見映えよくしておくとまずい状況を解消できます。

少しを許すことで1週間後にはさらに良くない状況が表れることがあります。

こまめな報告を入れたり、また対策のアイデアを提案してくれるとオーナーとして今後すべきことも見えてきます。

オーナーと管理会社は、究極は人と人のつながりであり、日々の「ホウ・レン・ソウ」がとても大切です。

担当者が気が付かず、また、「まっいいか」と思った瞬間に物件の価値を左右することに繋がるのです。

アパートやマンションを持った瞬間、そこからが管理のスタートです。

いかに長く、良い状態をキープしていくかという事に注目していくのがオーナーと管理会社、清掃の連携です。

これからは、管理の良し悪しが物件の価値を決めます。

お部屋探しの方々も情報の時代ですからよく学び、物件を見る目も高くなっています。

大家さん・オーナーさんはその点を十分考え、物件の維持管理に努めていく事で将来にわたり賃料を取れる物件に育てていく事が可能となるでしょう。

そのためにも、大家さん・オーナーさんと管理会社はお互いに遠慮なく言いたいことを言える関係であるよう願っています。

武蔵野三鷹の賃貸管理・経営についてのご相談はハビターレへ

ハビターレでは賃貸管理や長期入居・空室対策などについてご相談できます。

お気軽におたずねください。

▶ハビターレ株式会社

▶TEL/042-238-9958
 FAX/042-238-9968

▶住所:〒180-0013 東京都武蔵野市西久保1丁目1番1号 井野ビル201


女性経営者が、オーナーさまの身になってご相談承ります。

入居者様にとってもオーナー様にとってもお互いに心地よい住まいとなるようお手伝いいたします。

※ハビターレの意味は心地よい居場所であり住家という意味、どなた様もそれぞれにハビターレ(住家)があると考えます。

入居者とオーナーの心強い味方
arrow_upward