10:00~18:00
水曜日
2019年10月07日
大家さん応援ブログ

オーナーさん、賃貸管理の「物」トラブルはこう対処しよう

賃貸管理にトラブルはつきものです。

面倒がったり嫌がったりすることではなく、真摯に対応しなくてはならない事案であり、入居者リクエストにこたえる大切な仕事です。

オーナー個人で対応する場合も管理会社に対応してもらうのも、対応の流れを理解しておきましょう。

そして、「トラブル」「クレーム」は物件の問題点の解決を図るための貴重な改善提案の機会と考え、前向きに対処することが大切です。

中でも、物的トラブルといえる「設備の故障」「水漏れ」「火災などの事故」についてはとりあえず素早い対応が必要です。

入居者の生活の場所として、少しでも早く正常化してあげることを目標に対応します。

 

「設備故障」トラブルの対応

「設備故障」に関しては、給湯器・エアコン・キッチン・トイレ・浴室などがあります。

業者との折衝や入居者との日程調整など、状況報告と今後の流れを説明し、入居者に協力を求めます。

直したら終わりという業務だけではなく、入居者の使用勝手の意見とか日ごろの気になっているところなどの聞き取りなどを行い、コミュニケーションを図ります。

使用方法や使い勝手を参考に、長期目線に立ち今後の設備入れ替えの際の参考にします。

「漏水」トラブルの対応

「漏水」の連絡を受けたら、とりあえずすぐに訪問します。

原因の調査と対応のため手順を追って現調して写真など画像で記録します。

これは、後に保険の対象となった場合の対応のためでもあります。

状況確認は、「断続的」「最近漏れたのか」「現在も漏れ続けている」などを踏まえ、原因が何なのかを想定し、入居者への説明と業者の選定及びスケジュールを調整します。

「漏水」の原因によっては、上階の部屋が原因のこともあります。

その際は、さらに上階の部屋への訪問を行い、確認させていただくことも必要です。

これらはオーナーにとっては、結構大事になりますが根本原因を突き止めて解決を図ることが大切です。

 

 ▶速やかな訪問

  ➥調査・原因追及

   ➥業者選定・見積もり

    ➥オーナー報告・費用の捻出

     ➥入居者との日程調整

      ➥工事発注と工事中のフォロー

       ➥中間報告

        ➥完了の確認

         ➥報告まで一貫して円満に進めます。

 

ここで注意すべきは、保険対象となるかどうかの判断を、保険会社の十分な確認を無くして行ってはいけないという事です。

修理にあたるのは専門業者であり、オーナーまたは管理する会社としては、綿密な調整役をするという事です。

「火災や事故」トラブル対応

「火災・事故」などについては、まず消火することが一番であることは当然ながら、消防などへの対応を含め、警察署の協力も仰ぐ必要があることも考えられます。

緊急対応とその後の対応、各所連絡など多方面への対応が必要となるでしょう。

主としてかかりきる人を決め、情報を1カ所に集約することで交錯するのを避けることができます。

入居者の安全を確保し、必要に応じた対応が迫られます。

とりあえず、部屋に住むことができない状況であれば、他の部屋またはホテルなどの手配も必要になるかもしれません。

いずれにしても、このような場合は専門家に問合せ、協力と対応の相談をしましょう。

▶前回のトラブルはこちら

「生き物トラブル」はこう対処しよう

武蔵野三鷹の賃貸管理・経営についてのご相談はハビターレへ

ハビターレでは賃貸管理や長期入居・空室対策などについてご相談できます。

お気軽におたずねください。

▶ハビターレ株式会社

▶TEL/042-238-9958
 FAX/042-238-9968

▶住所:〒180-0013 東京都武蔵野市西久保1丁目1番1号 井野ビル201


女性経営者が、オーナーさまの身になってご相談承ります。

入居者様にとってもオーナー様にとってもお互いに心地よい住まいとなるようお手伝いいたします。

※ハビターレの意味は心地よい居場所であり住家という意味、どなた様もそれぞれにハビターレ(住家)があると考えます。

入居者とオーナーの心強い味方
arrow_upward