10:00~18:00
水曜日
2019年10月12日
ブログ

台風19号の影響で河川の氾濫が心配されています

12日(土)、まもなく台風19号が上陸します。

現在17時、台風は静岡南にあり暴風圏が広く、関東ではこれまでにない降水量となり、上流からの水かさが増し、河川の氾濫が心配されています。

午後9時ころに東京上空を通過し茨城方面から太平洋に抜けていきます。

明日明け方は東北地方に近づき、雨風が激しく、横殴りの雨が降り続きます。

幅広い範囲で、記録的短時間の降水量が非常に多くなっています。

 

高齢者や歩けない方々にとって、この時間から非難することは危険です。

自宅にとどまり、2階やまたは崖に面していない高い場所に移動して、今夜一晩やり過ごしましょう。

外に出ることはむしろ危険です。

携帯電話・水・食料・携帯充電器・ラジオ(携帯でも聞けるradiko)などを持って、高いところへ移動してください。

情報を入手できるようにしましょう。

 

国土交通省の川の防災情報

スマホからの川の防災情報

川の近くの方は十分注意して、身の安全を守りましょう。

 

都心では、近年建設された震度貯水槽の威力が期待されるところです。

日本全体を考えると、これまで公共事業を節約し、河川の整備がおろそかにされてきたのではないかと考えます。

災害の多い、急峻で河川の多い日本では、常に河川の整備を行い、水の流れを収める努力が必要です。

災害を乗り切る国づくりに知恵と技術を使っていく事は国民の安全を守る要因となります。

今後の国の政策に期待します。

 

arrow_upward