10:00~18:00
水曜日
2018年07月23日
ブログ

7月28日の満月は見逃せない!

2018年7月28日(土)は満月です。満月の日の願いは叶う、と言われます。当たるも八卦当たらぬも八卦、気にしないで良いと信じることは良い方向に引き寄せられます

今回の満月は赤銅色の「ミニムーン」

ミニムーンは、2018年1月2日の スーパームーン より10%小さく30%暗いです。

そして場所により皆既食が見られます。

『おおよそ東北地方以西で月の入りの前に皆既食を迎え、月は皆既食のまま沈みます。それ以外の地域では、月は皆既食になる前に沈みます。月は、南西の空で3時24分に欠け始め、4時30分に完全に欠けて皆既食となります。』

『ミニムーン』の皆既月食は、高度の低い位置で起こるため、残念ながら始まりから終わりまで観測することはできません。

高度が低いため、より大気の影響を受けて強い赤みを帯びた『赤銅色』の月を見られ、いつもより神秘的な満月を見ることができるかもしれません。

満月に願う

月に願いをかける。

月は地球とは密接な関係があり、影響力も大きく、地球にとっては切り離せない存在の星です。

そんな月ですが特に満月という強いエネルギーの時に願いを込めることで、月のパワーをいただき願いも叶うと言われます。

”信じる者は救われる”

ということで、その願いを紙に書く、しかも叶ったこととして書くことが大切です。

たとえば、

・三鷹駅徒歩2分以内に住まいを見つけた。
・理想の彼と出会った。
・思いもよらない利益を得た。
・〇〇の資格をとれた。

など、自分のことで具体的なことを願うと良いそうです。

そして、満月の時間帯にその願いを読み上げる。

ボイドタイムは避ける

願い事を書くのも願うことも、ボイドタイムは避けると良いといわれます。

ボイドタイムってなに?と思われるでしょう。

ボイドタイムとは、別名「魔の時間帯」ともいわれ、おおよそ3日に1回くらい訪れます。

年間のボイドタイムを記してあるサイトは こちら

月の力は借りるもの

「自分の小さな力を超えた大きな存在を意識する」ということで依存したり、恐れたりするものではない。

ボイドタイムを必要以上に怖がる心配はなく、重要な事の決定などを避けたり、親しい家族や友人、恋人とゆっくり過ごすのにはむしろいい時間帯ともいえます。

不安な気持ちにならず、1人でくつろぎながら自分の内側を見つめなおす時間と考え、素直に自分の感情や心、体調を感じ取る時間と考え、掃除などをするのも向いている時間ということです。

満月のボイドタイムについても、「重要な行動は避ける」くらいの認識で問題なさようです。

武蔵野三鷹エリアでミニムーンの皆既食がみられるかといえば、低い位置にあるので高い建物がさえぎることもあり難しいかもしれませんが、赤銅色のミニムーンが見えますように晴れることを願っています。

私はスマホで撮れるといいなぁと考えています。
arrow_upward