10:00~18:00
水曜日
2018年09月07日
大家さん応援ブログ

リフォーム素材:天井材

賃貸住宅の入退去時のリフォームをちょっと目先を変えて差別化をしてみませんか

天井材として吸音効果

従来の賃貸住宅退去後のリフォームに使用する壁や天井材といえば、クロスが比較的安価で一般的です。

大家さんも見積書を出されたときにご覧になると思いますが、下地を貼ってクロスを貼るか塗装をする工程だと思います。
これで大工さんとクロス屋さん、もしくは塗装屋さんの2-3種類の業者さんが入ることになります。

今回ご紹介するのは、「ジプトーン」という天井材で、病院や学校などで目にしたことがあるかもしれません。

ジプトーン は、建材メーカー吉野石膏製の商品名で、素材は「化粧石膏ボード」タイガーボードと呼ばれることもあります。

吸音石膏ボード もあります。

この素材の良いところは、既に仕上げが施されているので、大工さんが貼って完了ということです。
塗装もクロスもいりませんので大工さんの仕事のみ。

また、不燃性・断熱性・吸音性もありますので、使わない手はないのではないでしょうか。

素材コストもさることながら、職人さんの人件費は馬鹿にできません。
工期も短い方が有難いということです。

長期的メンテナンスとしてはこの素材の上から塗装も可能なようです。

他の賃貸物件と差別化を図る

自分の賃貸物件を、他とはちょっと違って入居者さんにも優しい素材にしてみることで、入居率が上がるかもしれません。また長く居住してもらえるかもしれません。

大家さんの決断で賃貸経営は変わります。
ハビターレ株式会社 でリフォームのアイデアを一緒に考えましょう。
store

会社概要

ハビターレ株式会社
arrow_upward