10:00~18:00
水曜日
2018年04月10日
ブログ

武蔵野市に住むこだわり

武蔵野市といえば吉祥寺、吉祥寺といえば武蔵野市だと考えている方は多いと思います。最近になって「東京でもっとも住みたい街」からは外れましたが、それでも武蔵野市に住みたいと考える方は一定数いるようです

武蔵野の由来とイメージ

武蔵野台地全般の広範な地域を表し、武蔵野国全域を表すともいいます。

そして、埼玉県中部、比企丘陵をいい、かなり広範囲をさし、埼玉県朝霞市あたりも武蔵野の面影の残るエリアです。

武蔵野市はその中で明治22年の市政、町村制施行時の合併で誕生した武蔵野村に由来するもので、自治体名称としては古いようです。

近年、東京近郊として人口も増加し、吉祥寺の街や井の頭恩寵公園などで知名度を得るようになりました。

武蔵野市・三鷹市は都内の足立区、板橋区、練馬区など23区内に比べても地価相場が高く、高額所得者が住んでいるとか、緑が多く町の区画が整って街並みが綺麗だとかいわれます。

なぜか、23区外ですが都会のイメージが強いのです。

ただ、それでも「武蔵野に住んでいます」という人は少なく、「吉祥寺住んでいます」とか「武蔵境に住んでいます」のように駅名で、住んでいるところを言う人が多いです。

東京の場合、とくに駅名で住んでいるところを表現することは多いように思います。

「吉祥寺」ブランド

武蔵野市に住んでいる方でも「吉祥寺に住んでます」と言うのをよく聞きます。

吉祥寺が武蔵野市とは知らなかったという地方の方もいるくらい、吉祥寺という名前の方が有名だったりして、武蔵野市長さんも言ってました。

吉祥寺と言えば若者の街、焼鳥いせや総本店ハモニカ横町、デパートあり、映画館あり、繁華街や商業施設も揃っていて、更に井の頭恩寵公園が駅すぐ南にある立地。

地方の方でも、1度や2度は訪れた事があるのでは無いでしょうか。

今や、古くからお住いの方にとっては少し用心が悪くなったと言われるくらい、夜遅くまで眠らない街で、若者にとって刺激のある街になっています。

さらに、大人も楽しめる面白いお店がたくさんあり、住んでみて飽きない街とも言えます。

「武蔵境」の住環境

都内でもお金持ちの行政である武蔵野市は、子育てやファミリー層にもさまざまな行政サービスにつとめ、生活するうえで人気があります。

そして、武蔵野丘陵に残る自然・史跡・環境が残り、都心から15~20キロ圏内にありながら生活を豊かに楽しめる環境があることも要因の一つとなっているでしょう。

同じくらいの距離感の千葉県松戸市あたりに比べると地価が5倍くらい高いです。

おそらく、住環境・通勤の便利さ・自然が身近にあることなどが影響しています。

吉祥寺・三鷹が過密になりつつあり、最近人気が出てきているのが「武蔵境」です。

ひと駅お隣ですが、駅前には大型スーパーや武蔵野プレイスがあって便利だし、少し歩くと畑があったり、日本獣医生命科学大学があり、近くの原っぱにヤギさんが放し飼いされていたり、乗馬クラブのお馬さんを見ることが出来たりと、ちょっと他では見られない光景にも出会えます。

こちらも武蔵野市です。

 

この地域に興味のある方はハビターレまで、ご連絡お待ちしています。

store

会社概要

ハビターレ株式会社
arrow_upward