10:00~18:00
水曜日
2018年04月09日
ブログ

三鷹市 深夜電力利用の給湯器がある場合の通電手続きポイント

オール電化の給湯設備について、深夜電力を使って給湯している場合通電手続きに注意が必要です。電気はついてもお湯が出ないこともあります

深夜電力を利用するタイプの電気温水器の場合

通常の電気の使用届けだけでは、通電されないことがあります。

深夜電力を使ってお湯を作る給湯器の場合、従量電灯などの電気メニューと組み合わせて契約しなければなりません。

従量電灯だけを契約しても温水器は通電できていませんので温水器は働いていません。

また、使用可能な電力によって深夜電力の契約プランも異なります。

温水器の記載を確認して、生活スタイルに応じた最適なプランで契約されることが望ましいです。

※ちなみに、ガス給湯器なら開栓手続すれば問題ありません
ガスで2カ所または3か所に給湯している場合は、立会いでガス会社に給湯器を開栓してもらって、ガス漏れチェックをしてもらえば、あとはボタン一つで使用可能になります。

ガス給湯器の場合は開栓のみで問題ありません。

引越し当時にお風呂を使用したい場合はご注意

深夜電力の場合は、深夜の電力でお湯を作るため、当日に通電依頼したのではその夜から電力を使うことになり、日中はお湯は使えません

遅くとも引越し前日の日中に、連絡しておくと翌日、引越日にはお湯が使用可能となります。

小さなことですが、うっかりということもあり、特に冬場は掃除をするにも水が冷たいと困ります。

緊急時や日中に手配できなかったときは、時間外でも対応をしてくれる場合もあります。

ただし、本人確認の上、およそ現地まで2時間くらいの到着をめどに受け付けてくれるようです。

お引越し時、ネットからの通電依頼は通常の通電と深夜電料理用の手続きが必要です。

 

arrow_upward