10:00~18:00
水曜日
2018年10月16日
ブログ

お部屋内見の最近の変化について

お部屋を見に行くときに不動産業者に案内してもらうことが普通です。ところが、最近変化してきています

スマートロックでセルフ内見

セルフ内見とは、入居者自身でお部屋を見に行く事で、業者は同行しません。

スマートロックの出現で可能になったといえます。

スマートロックは、スマホで開錠できるものや暗証番号入力で開けられるもの、遠隔操作で一定時間かけておくことができるタイプもあります。

既成の鍵に設置できるものとできないものがあります。

不動産業者が、あらかじめお部屋にスマートロックを設置しています。

内見予約をしてご自身で現地に行き、現地から業者に連絡を入れそこでパスワードをもらったりして開錠するか、遠隔操作で開錠されている一定の時間内に内見をします。

業務効率の軽減につながり今後増えてくるのではないでしょうか。

●メリット

  • 業者がついていかないので業者のの言動に左右されることなく自分の意志で内見できる

●デメリット

  • 逆に説明が無いので、データだけで見ることで、自分でわからない部分や見落とす部分もあることがある
  • 時間内で見ることが必要であり、時間厳守する

当社がご案内している「IOT住宅」といってスマホ利用者のみ入居可能な賃貸住宅も出てきています。

このような時代が来ていて、すでに一般的になりつつあります。

人を介さなくても良い部分はさらに進化していくことでしょう。

VR(バーチャルリアリティ)内見しますか?

スゴイですね、今の時代は!

実際、高齢の私はゲームもしませんし、なかなかついていけない世界のはなしです。

VRとはVirtual Reality(バーチャルリアリティ)のことで、日本語では仮想現実や人工現実感などと訳されています。

ゲームで使用されていることが多い、CG(コンピューターグラフィックス)を駆使してつくられた仮想世界が本当はその場にいないのに、そこにいるかのような疑似体験できるテクノロジーのことです。

あらかじめ撮ってきた画像をゴーグルを通して、実際に現地にいるように画像で体験できるものです。

しかし、メリット・デメリットはあります。

●メリット

  • 物件を見に行かなくても良い
  • 遠方でも多数の物件を内見できる
  • 建築途中、リフォーム中の物件も仮想体験できる
  • 不動産会社の店舗で内見ができる
  • 自宅で好きな時間に内見が可能
  • 入居中の物件も遠慮なく内見できる

●デメリット

  • ある程度までは内見できるが現実とのギャップがあり100%ではない
  • 細かい傷などのことはわからない
  • VR内見で気分が悪くなる、VR酔いする場合がある
  • 物件の内部はわかるが、外観、現地や周辺環境まではわからない

当社も利用します、タクシー利用の内見

よくある業者は、案内に自社の車を出して内見者をお連れします。

そのためには、車と駐車場が必要であり、都心ならば結構な経費となります。

現実問題として、交通機関の発達した都心ならば電車利用で行く方が時間も計ることができるし、途中の環境もわかります。

したがって、現地待ち合わせは良くあることです。

しかし、一日に複数軒内見しようとする場合、近隣なら効率を考えてやはり車移動が楽になります。

そんな時は、タクシーを利用することで、点から点への移動をカバーできます。

必要な時だけの利用で、車とそのための駐車場の経費の節減となります。

●ハビターレでも、あらかじめ必要ならば自宅から車を持ち込みます。

しかし、通常はできるだけ環境を知っていただくためにも、駅からの距離を知っていただくためにも現地待ち合わせをします。

そして、必要に応じてタクシー利用でご案内しています。

 

案内の効率化は入居者目線で考えることが必要

昔ながらの物件案内は変化しつつあります。

無駄な経費は節減して、効率化を図ることは大切です。

しかし、入居者のための情報を提供するのが不動産業者の仕事です。

きれいごとばかりではなく、実際に住むとしたら何が大切で何が必要なことかをお知らせするのが本来の仕事です。

弊社は、そのために転居のご事情やご家族のこと・ご希望などをヒヤリングさせていただき、適切なアドバイスをいたします。

まれに、ご事情があり、仕方がなく内見なしで契約に至ることもありますが、できるだけ自分が納得できるようにお部屋を内見してきめましょう。

実際のお部屋に行き、自分が住んだらとイメージをふくらませ、近隣の状況や音・匂いなども感じとることが大切です。

近年の内見の仕方の変化もありますが、業者の都合ではなく入居者目線を大切に考えた方法が必要です。

内見方法はさまざまありますが、見ないで決めることが良いとは考えません。

不動産業者とよく相談しましょう。

ハビターレは丁寧に親身に対応いたします。

お問い合わせはこちらへ、お待ちしています。

arrow_upward