10:00~18:00
水曜日
2018年06月25日
大家さん向けブログ

大家さんがDIYで新規募集のリフォームを体験

入居者退去後、あまりの汚さにクリーニングだけでは済ませることが出来なくて大きくリニューアルすることになり、この1ヵ月は休みの度に現地へ行きDIYリフォームを一緒にしてきました

プロに任せる部分とDIY部分を分ける

プロで無ければできない部分はあるものです。

たとえば設備関係、電気関係、クロス、床など専門家でなければできない部分です。

この辺りはすべて撤去から新設までプロにお任せしました。

今回 DIYを行ったところ

  • 部分的なペイント(収納扉裏や靴収納の中の木部塗装)
  • 部品の取り寄せ交換や照明器具の新規交換(シャワーヘッド・換気ギャラリ・シャワーカーテン・トイレットペーパーホルダー・キッチン照明など細かな部品を新規に入れ替えと壊れた部品の取り寄せ)
  • キッチンの棚付け(塗装含)
  • キッチンパネル施工(少ない部分だったのでうまくできた)
  • 水回りのコーキングのやり替え(浴室・キッチンパネル周囲)
  • 作り付け家具の撤去
  • 虫の駆除(バルサン2回)
  • エコ掃除(重曹・クエン酸など使用)
  • エアコン清掃(専用洗剤使用)

苦労したところ

作り付け家具の撤去は、クロス工事が入るまでにしなくてはならず、区のごみ処理への連絡手配や持ち出し日に出すこと。
キッチンの油汚れがひどすぎて、換気扇とIHコンロはあきらめて新規交換にした。
排水口も詰まる寸前ともいえる状況だった。何度も重曹とクエン酸を使い、キッチン・洗面・風呂などの排水口全部を複数回行った。エコ掃除ともいえる方法だが、安全でしかも効果が大きくすっきりと掃除ができ、これによって匂いもなくなったことは嬉しい。
コーキングはコツが必要で始めはうまくできなかった
シーリング材の使い方【コメリHowtoなび】youtube はこちら

やってみて良かったこと

今回のDIYではかなりの部分を商品代のみで行うことができ節約ができたと考えます。

  • 塗装
    水性塗料を使用し、何度も塗り重ねることで案外綺麗にできました。塗装は養生といわれるくらい、養生することが結構大変で、少しはみ出た部分もありましたが、あとで削ったりして何とかみられる状況にできた。
  • キッチンパネル取り付け
    今は多数の方がDIYの施工を Youtube で配信しているので施工方法が学べて助かりました。
  • コーキング
    古いカビ部分をこそげとって、養生して新しくきれいなコーキングになっただけでも見映えがしました。コツは、コーキング面をなぞるときに途中で止めずに一気になぞることです。
  • クリーニング
    自分がするので、強い洗剤は使いたくなくて、実際に家でも使用している重曹や過炭酸ナトリウム、クエン酸とお湯というエコな掃除を行いました。これが意外に綺麗になる事が分かり、何よりも匂いもなくなって良かった。
  • 活用した道具
    大工道具全般・電動ドリル・キッチンパネル・接着材・両面テープ・配線カバー・塗装用ブラシ・塗料・掃除用ブラシ、箒と塵取り・雑巾多数・養生シート・養生テープ・コーキング・掃除用重曹やクエン酸・メラミンスポンジ、雑巾など傷つけにくいものを使用、ただしどうしても取れないところは部分的に水ペーパーの細かい番手(2000番)を使用。必須は使い捨てゴム手袋、何度も外しては新しいものを使用するのでたくさん必要です。他、細かなものは家庭にあるものを使用。

お休みにはDIYみたいな1ヵ月でしたが体験することで、できる部分が結構あることが分かりました。

今の時期、業者は混んでいて発注から1ヵ月先といわれることが多く、その間、手をこまねくよりはできる事をして、少しでも早く入居できるところへ持っていきたかったということでした。

もともと道具を使って作ったり、描いたりすることは好きなのでさほど苦にならずできたし、だんだん腕も上がるような気がしてきました。

また、設備の入れ替えの際に床下の配管部分をめくったところを見せてもらい、見えないところの状況を確認できたことは今後のためにも良い事でした。

以上、現場からの女性社長の報告でした。

arrow_upward