10:00~18:00
水曜日
2018年10月20日
ブログ

「お宝発見!ミタカをミタカ」に参加してみました

「お宝発見!ミタカをミタカ」は9月21日から10月28日まで「みたか太陽系ウォーク2018」のコラボ企画で行っている、デジタルスタンプラリーです。結構楽しくて、宝探しの感覚そのものではまりました

三鷹の隠れた観光スポットを発見!体験!

いやぁ~楽しかったです。

すきま時間を上手に使って回りましたが、初めて行くところが意外に多かったです。

三鷹市内24カ所の観光スポットにビーコン(発信機)を仕込んでいます。

その場所に行って見て、スマホでデジタルスタンプを集めます。

三鷹観光案内所にて、集まったデジタルスタンプによって記念の景品をもらえます。

そして、完全制覇した人には記念のトートバッグをプレゼントしてもらえます。

●期間:9月21日~10月28日(この最後の日はミタカストリートパーティ」の日)

●景品交換:9月21日~11月4日、18時まで

●交換場所:みたか観光案内所(三鷹都市観光協会)

  1. まずアプリをダウンロードします。
  2. スマホのBluetoothをオンにして、位置情報サービスをオンにします。
  3. 位置情報サービスをこのAppを使用中のみ許可にチェック

●注意

※位置情報がoffのままだとスタンプラリーに参加できません

※現地のビーコンを触ったり物を投げたり水などをかけないでください

※ビーコンに10センチ以内に近づかないでください。

※ビーコンが破損しけがをしても責任は取りません。

※以上の場合は至急担当者に連絡してください。

などの使い方の注意事項はAppに 記載があります。

大発見!じつは、知らないところがたくさんあった

なぜ、参加しようと思ったのかといえば、実は、私はこの地で仕事をしていながら知らないことが多いと気が付いたからです。

そして、まず最初のお宝が当社のすぐ近くの「跨線橋」だったことです。

試しに行って見ると、すぐわかるとタカをくくっていたら、確かにすぐわかったのですが、歩く歩く、とにかく歩いて探さなくてはなりません。

これって運動だし、現地に行って見て初めて分かることも多いのです。

たとえば、「大沢の里」は我が家から近くだし、ICUの創立者である湯浅八郎記念館もすぐ近くなのに行ったことが無かった。

自転車で行って大学の森の中を探しまわって、聞きまわってたどり着くということでした。

しかし、このデジタルスタンプラリーで行って見ようと思わなければ、ICUの森を歩くこともなく、いいところだなぁと感じることもなかったのです。

大沢の里は三鷹の蛍の里とも言われ、出山横穴墓群など知りませんでした。

現在整備中です。

「三鷹天命反転住宅」は、普段は車で通り過ぎるばかりでじっくり見たことがありませんでした。車を止めるところが無いのです。

一番は、天文台の中。

入ったこともなかったけれど、行って見てほんとに静かな森の中に、過去の天文台があり、「へび注意!」などの札もあり、自然に囲まれて、外の光がないところで観測していたということが理解出来ました。

また他の場所も、ほんとにわかりづらくて探しても行きつかないところにひっそりとあったりして苦労しました。

地図が読めない人はちょっと苦労するかもしれません。

ビーコンが反応してくれると嬉しくて、「じゃ次行こう!」って自転車を走らせて見つけた時の喜びは、ちょっぴり自分の満足感を得られるものでした。

そんなこんなで、24カ所全部を巡ってみて、改めて三鷹の観光名所の意味も多少理解できて、めでたくトートバッグをゲットしたのです。

これが、結構しっかりした帆布のバッグでサイズも大き目。

LPのレコードもすっぽり入る大きさです。

何よりも記念品ということが嬉しい!

いかがでしょう、まだ日にちがありますので是非このデジタルスタンプラリーにチャレンジしてみてください。

デジタルスタンプ、ということも興味を引きますね。

当事務所のボス、TEDにかけてみました。

皆さんもどうぞ!三鷹を再発見しましょう。

arrow_upward