10:00~18:00
水曜日
2018年06月09日
大家さん向けブログ

おしゃれなポストで賃貸のイメージアップを!

郵便を受けるための郵便受け、ポストもデザインが豊富でユニークなものから手作りのものまで多種多様です。時に、どこから投入するのか分かりにくいものがあったりしますが、そのような形状のポストは配送の方には一度で覚えてもらえることでしょう

集合住宅などの3階以上のお部屋には配達してくれない

ご存知でしたか?

(高層建築物に係る郵便受箱の設置)
《第43条》階数が三以上であり、かつ、その全部または一部を住宅、事務所または事業所の用に供する建築物で総務省令で定めるものには、総務省令の定めるところにより、その建築物の出入り口またはその付近に郵便受箱を設置するものとする。(郵便法第43条)
 

上記のように2階までは個別のポストに配達してもらえますが、3階以上のお部屋がある場合で、入り口付近に集合ポストが設置されていない場合、配達員さんは配達しなくても良いことになっています。
 
郵便局にとりにきてくださいと言っても良いそうですが、配達員さんの善意で配達しているケースもあるようです。

性能面と大きさ、セキュリティも大切

最近は大型郵便物が増えて、ポストに入りきらず飛び出しているのをよく見かけます。

郵便物は個人情報のかたまりですので、そのような状況は良くありません。

大量のそして大きな配送物を受け取れるだけの大きさを確保して集合郵便受を設置してほしいと願っています。

また、鍵付きは必須だと考えますが、そこまでできているケースは比較的新しい建物以外では少ないです。

マンションでも古いと開閉が外から自由にできる状況であることが多く、個別に鍵を設置してくださいといわれることもあるようです。

大型ものや大切なものは、宅配や玄関受取の形で時間指定をして配送してもらうことをお勧めします。
ポストに入れても中途半端に入っていない状況でおいていかれてはリスクを伴います。

ポストに鍵がかかることに加えて、郵便ポストのところに監視カメラが設置されていることで不必要なチラシの投函や不正を防ぐこともできます。

規模の大きな集合建物ではセキュリティの面からも検討する価値はあるといえます。

出し入れの大きなポストだと外から手を入れて投函されたものを出せることもあります。

そんな時は、「ポスト投函目隠しシート」なども売っていますので工夫することができます。
これは後で付けることが可能です。

そして基本的なこととして、外に面して設置されている場合、雨があたり郵便受けの中に水が浸入しないことは当然に必要条件となりますので、外の場合には選択する形状や性能に十分注意して選びましょう。

当社の集合ポストは、残念ながら階段外に設置されており、雨が降ると中に水が入ってしまい全部濡れてしまいます。これは問題で、そのポストは封じて、入口に鍵付き個別ポストを設置しました。

2階までは配達してもらえますので助かっています。

ポストは建物を印象づける

郵便受けやポストといっても大きさや形もさまざまなものがあり、予算の問題もありますが、建物の玄関と同様にその建物の顔とも言えます。

気配りのできたマンションでは郵便室として玄関から目線のないところに設置されていて、住人は建物内部から取り出せるというものも増えています。

セキュリティの面では良いことです。

戸建てや小さなアパート、マンションの場合は入り口付近、または階段の近くに設置されていることが多いです。

その建物の印象が損なわれないようなデザインのポストを選択しているとグレードも上がります。

また、古くなったアパートなどでもポストをリニューアルして鍵付きなどに交換するだけでも入居者の印象は大きく変わります。

ポストいろいろ

ポストの形状もデザインもさまざまあります。

お値段もピンからキリまであり、賃貸集合住宅にはあまり高価なものは付けられないと思いますが、大家さんのこだわりやデザインを気になさる場合に選んでみてはいかがでしょう。

 

  • ネット上で見つけたポストたちの画像
arrow_upward